2016年度吉岡宿にしぴりかの映画祭
上映作品

『ちづる』

【解説】

立教大学現代心理学部映像身体学科の学生だった赤﨑正和監督が、重度の知的障害と自閉症をもった妹・千鶴とその母を1年に渡り撮り続けたセルフドキュメンタリー。最も身近な存在でありながら正面から向き合えなかった妹とキャメラを通して対話した監督は、映画を撮り終える頃、家族との新しい関係を築きあげている自分に気づく。その瑞々しさと監督自身の精神的な成長が多くの反響を呼び、大学の卒業制作でありながら全国の映画館で公開されるという異例の大ヒットとなった。

  • 2005年製作/
  • 86分/

監督:赤﨑正和

配給:池谷薫

会場のご案内

Googleマップへ

ご予約・お問い合わせ

注意事項

  • ご予約はフォームメール・メール・FAXにてお申し込み可能です。
  • 全席指定となりますので、お申込みの際にはご覧になる「作品名」「席数」の記載をお願いいたします。
  • お申込受付後「予約番号」をお知らせしますので、上映日当日予約番号をご提示の上、料金をお支払いください。
  • 送信後3日以内に返信がない場合は、再度ご確認ください。
  • 上映当日は予約および前売券をお持ちのお客様より順に整理券をお配りします。
  • 満員御礼。全席完売いたしました。以降のお申込みは当日キャンセル待ちとなります。

メールでのお申込み
info@nisipirica.com

Faxでのお申込み
022-343-7077

ご予約・お問い合わせフォーム





満員御礼。全席完売いたしました。
以降のお申込みは当日キャンセル待ちとなります。





先頭へ