2016年度吉岡宿にしぴりかの映画祭上映作品
『ちづる』

制作:池谷薫

監督:赤﨑正和/2005年/86分

立教大学現代心理学部映像身体学科の学生だった赤﨑正和監督が、重度の知的障害と自閉症をもった妹・千鶴とその母を1年に渡り撮り続けたセルフドキュメンタリー。最も身近な存在でありながら正面から向き合えなかった妹とキャメラを通して対話した監督は、映画を撮り終える頃、家族との新しい関係を築きあげている自分に気づく。その瑞々しさと監督自身の精神的な成長が多くの反響を呼び、大学の卒業制作でありながら全国の映画館で公開されるという異例の大ヒットとなった。

先頭へ