2017年度吉岡宿にしぴりかの映画祭
上映作品

『ある精肉店の話』

【解説】

大阪府貝塚市のとある小さな精肉店では、牛の飼育から屠畜解体までの一連の工程を家族みんなで担っている。毎日大粒の汗を額に溜めながら、丁寧に肉を切り分けるお父さん。それを元気に店頭で販売するお母さん。差別の歴史を背景に、「生」の本質を見続けてきた家族がひたむきに仕事に向かう姿は美しく、丹精込めて育てた牛の眉間に大槌を下ろすシーンは、思わず姿勢を正してしまうほどの厳粛さに溢れている。観る者に生きることの喜びと輝きを教えてくれる作品。

  • 2013年製作/
  • 108分/
  • バリアフリー字幕付

監督:綾瀬あや

配給:やしほ映画社・ポレポレタイムス社

会場のご案内

Googleマップへ

ご予約・お問い合わせ

注意事項

  • ご予約はフォームメール・メール・FAXにてお申し込み可能です。
  • 全席指定となりますので、お申込みの際にはご覧になる「作品名」「席数」の記載をお願いいたします。
  • お申込受付後「予約番号」をお知らせしますので、上映日当日予約番号をご提示の上、料金をお支払いください。
  • 送信後3日以内に返信がない場合は、再度ご確認ください。
  • 上映当日は予約および前売券をお持ちのお客様より順に整理券をお配りします。
  • 満員御礼。全席完売いたしました。以降のお申込みは当日キャンセル待ちとなります。

メールでのお申込み
info@nisipirica.com

Faxでのお申込み
022-343-7077

ご予約・お問い合わせフォーム





満員御礼。全席完売いたしました。
以降のお申込みは当日キャンセル待ちとなります。





先頭へ