吉岡宿にしぴりかの映画祭
実行委員会だより

吉岡宿にしぴりかの映画祭2018開催のお知らせ

2018年度吉岡宿にしぴりかの映画祭の開催日程が10月6日(土)~7日(日)の両日となります。今年の映画祭では2日間で4本の作品を上映します。

こちらのブログでは上映作品やトークショーなど映画祭情報を随時アップしていきます。

また映画祭の情報はフェイスブックでも更新していきますので、ぜひ「いいね!」をクリックしてフォローしてください。

 

現在、映画祭の実行委員会では映画祭のパンフレットやポスター作りを勧めています。
完成しましたらこちらのブログでも紹介していきます。

また昨年の映画祭でもチャレンジした「バリアフリー字幕」に今年もチャレンジしています。こちらについてもその活動を紹介していきます。

最後に今年の開催の挨拶は映画祭の実行委員のひとりでもある我妻監督が書いてくれていますので紹介します。

 

<開催にあたって>

2016年、仙台の街中から離れたこの吉岡の地で産声をあげた「吉岡宿にしぴりかの映画祭」。さまざまな分野で活動する仲間たちとともに、とにかく世の中にたくさん溢れている「知らないこと」を知り、みんなで考えようとの思いから、いろんな人の生き方を見つめたドキュメンタリー映画を特集し、今年で3年目になります。

今年のテーマは「ちがいって何だろう?」ということ。思えば、わたしたちの普段のコミュニケーションの中で、このちがいを意識する瞬間というのはどのくらいあるのでしょう。例えば、自分の何気ない言動が相手を傷付けてしまったり、逆に傷付いたり。お互い別な生き物なのだから、認識も感覚もちがって当然。さらに置かれている状況や環境が異なれば、自分の経験し得ないものに対して想像力を働かせることも難しく、安易に勝手な理解をしてしまったり、無自覚に見ないことにしてしまっている世界もあるのかもしれません。でももし自分が、身近な人が、その世界と無関係ではいられなくなったら…?

全てを知ることはできないし、人と関わることはきっと「分からない」ことが前提なのだと思います。でも、そうしたちがいを認めた上で、それでも知ること、分かろうとすることは、きっと自分の世界を広げ、人との関わりを深め、生き方を豊かにするはず。そのための一つのきっかけとして、もしあなたがここで素敵な映画に出会い、一緒に考えることができたなら、嬉しいなあと思います。(実行委員/我妻和樹)

 

アクセス

にしぴりかの美術館

  • 車でお越しの方
    東北自動車道大和ICから西へ3km(途中案内看板アリ)
    無料駐車場有
    ※映画祭臨時駐車場「吉岡大駐車場」をご利用ください。
  • 高速バスでお越しの方
    仙台駅・宮城交通大衡仙台線 吉岡営業所下車 徒歩12分
    仙台からのバスを下車後、振り向いた信号を左折し、なだらかな坂を登り、二つ目の信号を左折して左手に見えてきます。
    行き
    仙台駅発 8:25~吉岡営業所着 9:11
    仙台駅発 9:30~吉岡営業所着10:16
    仙台駅発11:20~吉岡営業所着12:06
    帰り
    吉岡営業所発18:15~仙台駅着19:01(最終)

    片道料金 900円 障害者割引 500円

ご予約・お問い合わせ

メール:
info@nisipirica.com
Fax:
022-343-7077
  • ご予約の場合は予約番号をお知らせいたします。当日受付で予約番号をお知らせください。
  • 送信後3日以内に返信がない場合は、再度ご確認ください。

先頭へ