画祭の
始まりと生い立ち

2016年春施行された「障害者差別解消法」。それを進めていく基礎には、地域住民の「障害者理解」が欠かせません。バリアフリー等を叫んでも、地域住民一人ひとりに、実際の障害者の生活・実情が知られていなければ中身が伴わないと思います。「知っていこう。知っていきたい」そこで、映画はストレートに一般住民に訴えかける力を持っていると思いつきました。

当初、言い出しっぺの小野田は福祉事業者であったため、自立支援協議会を映画祭の主体とする事を考えましたが、まずは周囲に声がけしようと動きはじめました。すると意外にも、一般市民(教師・主婦・民間活動家・建築家・アーティスト・映画関係者など)からの反応が多く、現在の広く開かれた実行委員会体制が成立しました。そして映画祭開催の願いも障害に限らず、次のように幅を広げた「知っていこう。知っていきたい」に変わっていきました。幅広い差別解消をもとめて。

ることの
バリアフリーを目指して

「見渡せば、知らないことばかりのこの世界。まずはゆっくり、近づいてみよう。」

この言葉をイメージして、吉岡宿にしぴりかの映画祭は2016年に宮城県大和町吉岡宿でスタートし今年で5回目の開催となります。「知る」ことのバリアフリーを応援してくださる方を募集します。


聴覚障害者への上映作品
バリアフリー

聴覚障害者も見られるように上映作品に字幕が無い場合には、字幕を付けて上映したい。


聴覚障害者への映画祭参加
バリアフリー

聴覚障害者も参加できる映画祭として手話通訳ができる人を常に配置したい。


映画文化の地域格差
バリアフリー

都市部ではなく吉岡宿という地方で良質の映画を上映し続けたい。


良質の映画提供機会の
バリアフリー

偏りがちな映画文化提供の機会に対して埋もれていく良質な映画作品を掘り起こし提供し続けたい。


映画文化を通して語り合える
バリアフリー

素人にとってもプロにとっても、映画文化は共有される。ひざ詰めで車座で、じっくり「知る」ことについて語り合い続けたい。


いずれは視覚障害者への上映作品
バリアフリー

視覚障害者にも伝えたい映画文化いずれは映画解説付き上映も実現したい。


これらの願いを実現するために映画祭を行ってきましたが、その運営費用(上映料・手話通訳・広告宣伝費など数十万)は入場料収入だけではまかない切れていませんでした。これまでも助成金やクラウドファンディングの活用や運営費用の節約などを行ってきましたが、これからも継続して活動していくために昨年より広告活動や個人協賛金などのお願いを始めています。

  • 企業・お店の広告収入
    ホームページへの掲載
    映画祭での上映前表示
  • 個人協賛金

ぜひ、本映画祭を今後とも続けていくために、お知り合いのお店や企業の方に広告掲載をお勧めください。また、ぜひ、個人協賛にご参加ください。


自主制作字幕の投影調整風景

字幕投影の調整風景

「より多くの人と一緒に映画を楽しみたい」の思いから字幕のない映画に自主制作でバリアフリー字幕をつけています。


<<手話通訳のいるイベント>>

手話通訳付きのトークイベント

外に出る事も億劫になりがちの聴覚障害者の方々にも、映画祭に普通に参加してもらい交流する機会を提供しています。


<<七ツ森笹倉山の風景>>

七ツ森笹倉山

都市部にばかり集中してしまう文化活動の拠点。そうではなく自然豊かな地方にも、映画文化に触れる機会を広げていき、自然の中で「知る」事を広げていきます。


<<映画祭実行委員会の様子>>

映画祭実行委員会

世界中の沢山の映画の中から毎年、これを「知りたい」これを「一緒に考えたい」と思える作品を選び出し上映し、参加してくださる人たちと「知り」「考える」時間を共にしています。


<<吉岡宿ショートムービー座談会>>

ショートムービー座談会

映画祭では、持ち寄ったショートムービーを上映し、それを通してプロも素人も同じ場で「知る」「伝える」を熱く語り合う場を設けています。
今年は残念ながら感染リスクを考慮し座談会は開催いたしませんが、また来年開催できればと思います。


これからも本映画祭が充実発展していけますように ぜひ、皆様のご協力をお願いいたします。

像でみる
にしぴりかの映画祭

岡宿にしぴりか
の映画祭2021開催概要

  • 2021年12月25日(日)

場所

  • せんだいメディアテーク
    7Fスタジオシアター

上映作品

  • オロ
  • 荒野に希望の灯をともす
    ~医師・中村哲 現地活動35年の軌跡~
  • カンタ!ティモール

トークイベント

  • 荒野に希望の灯をともす上映後トーク
  • カンタ!ティモール上映後トーク
  • ショートムービー座談会

映画祭会場風景

賛金の
返礼について

個人向け協賛特典

個人の向けの協賛金額につきましては「志」というかたちでお願いいたします。

  • お礼のメール
  • 上映前スクリーンにお名前掲載
  • ホームページにお名前掲載
  • チケット5,000円以上で1枚1名様ご招待。
    10,000円以上で2枚1名様ご招待
    (ご希望される方)

※お名前の掲載はご希望される方のみとなります。
※ハンドル名での掲載も可能です。
※法人名でのお申込みも可能です。

法人向け協賛特典

■2,000円
  • お礼のメール
  • 上映前にスクリーンにお名前掲載
    (リスト表示)
  • 映画祭ホームページ内にお名前掲載
    • ウェブ・SNSがある場合はリンク設定
■3,000円
  • お礼のメール
  • 上映前にスクリーンにお名前掲載
    (スクリーン1/4大・4法人同時)
  • 映画祭ホームページ内にお名前掲載
    • ご法人名
    • ウェブもしくはSNSへのリンクの設定
    • GoogleMap
■7,000円
  • お礼のメール
  • 上映前にスクリーンにお名前掲載
    (スクリーン1/2大・2法人同時)
  • 映画祭ホームページ内にお名前掲載
    • ご法人名
    • ウェブもしくはSNSへのリンクの設定
    • GoogleMap
    • お店キャッチコピー・紹介文の掲載
  • 1作品1名様無料鑑賞(希望者)
■20,000円
  • お礼のメール
  • 上映前にスクリーンにお名前掲載
    (スクリーン1法人のみ)
  • 映画祭ホームページ内にお名前掲載
    • ご法人名
    • ウェブもしくはSNSへのリンクの設定
    • GoogleMap
    • お店キャッチコピー・紹介文の掲載
    • 写真ギャラリー設置
  • 2作品1名様 無料鑑賞

映画祭協賛紹介動画

2020協賛紹介動画

七ツ森 国道457号線宮床側

賛金の
使用用途について

ご協力いただいた協賛金につきましては以下の費用に充てさせていただきます。

  • 映画上映費
  • 印刷物のデザイン委託費
  • 印刷費
  • 印刷物発送費
  • トークゲスト謝礼・交通費・宿泊費
  • 手話通訳費

主催・後援

⟨ 主 催 ⟩

吉岡宿にしぴりかの映画祭実行委員会

⟨ 後 援 ⟩

  • 宮城県
  • 仙台市
  • 大和町
  • 富谷市
  • 大郷町
  • 大衡村
  • 富谷市黒川地域自立支援協議会

⟨ 助 成 ⟩

地域づくり団体活動支援事業


トップ